top of page

ドローン国家資格


様々な分野で活用が広まるU A V(Unmanned Aerial Vehicle以下無人航空をU A Vという)ですが、2022年12月5日に航空法改正により有人地帯での目視外飛行が行えるレベル4時代を迎え、立ち入り管理措置を講じないで第三者上空を特定飛行ができるカテゴリーⅢでの運航が可能となり、今後は市街地でも点検業務や物流にU A Vの活用されることが期待されています。これに伴いリスクの高いU A Vの運航を行うには操縦者は一等又は二等無人航空機操縦者資格が必要となるほか、利用するU A Vも第一種又は二種機体認証を受けた機体を使うことが必要条件になります。

今後はイベントでの空撮やインフラの点検・物流などの分野で本格的に活用が進むと思います

閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Σχόλια


bottom of page