​パイロットになるための方法はひとつじゃない

アメリカなら取得費用が日本の3分の1

2023 年にパイロット不足により今後パイロットの採用は増えると予想されるが、航空大学校や私学の航空学科とい った私立大学は、卒業までに学費が約 3000 万円以上となります。また JAL・ANA の自社養成募集は高い受験倍率で 狭き門であることは変わりません。しかしそこでパイロットへの夢をい諦めて良いのでしょうか。アメリカ で自家用操縦士の資格を取得すれば訓練費は日本の3分の1、しかもし英語力向上を目指すこともで将来に役立つ留学ができす。

自家用操縦士の勉強は学習の総合力をUPします

FAA(アメリカ連邦航空局)の自家用操縦士の資格を取得するために英語のテキストや動画コンテンツを使って勉強することで英語力と航空専門知識を身につけることができます。また航空技術があらゆる分野の総合力ですから、構造・工学・気象・法規を学ぶことで数学や自然科学にも強化が期待でき、さらに17歳から取得可能ですからアメリカ短期留学を活かしてライセンスを取得を目指す方には渡米後飛行訓練時間の短縮を図ることができます。

学科の進め方

オンライン教材のサンプル動画です。おおよその難易度がわかると思います。このように動画やOGが多く使われていて、何度も聞くことで英語になれると同時に専門知識も理解できるようになります。最初は難しく感じるかもしれませんが、パイロットになるためにはしっかり学習して学科試験で90%以上の正解率であれば合格となります。

アメリカでの飛行訓練

実際の飛行訓練かこのように行われます。教官同乗で20時間単独で20時間合計40時間がライセンス習得に必要な最低飛行時間ですが、通常はライセンス習得には60〜70時間の飛行訓練を受けることになります。飛行中コントロールタワーからの指示や教官の指示は全て英語ですから英語力向上はもちろん、操縦テクニックや判断力を身につけて最後は実技試験に合格できればライセンス習得となります

受講料と時間割

各自購入頂くオンライン教材で自習を進めながら合計58時間のスクールングをzoomを使って行っていきます解説を行っていきます。時間割は各自のペースに合わせ調整可能です。